αリノレン酸の効果まとめと、おすすめサプリ

皆さんは、αリノレン酸という言葉を知っていますか?
最近は、テレビで取り上げられることもあるので、
聞いたことのある人も多いかもしれません。

でも、その効果を詳しく聞かれると、中々難しいのでは?

今回は、そんなαリノレン酸について、解説したいと思います。



444

αリノレン酸って?

αリノレン酸は、脂肪をの主成分である、脂肪酸の1種で、
不飽和脂肪酸のうち、多価不飽和脂肪酸、n-3系列に分類されます。

脂肪酸は、炭素、水素、酸素で構成されています。
その結合の仕方で系列が分かれるのですが、
中でも不飽和脂肪酸というのは、炭素同士がくっついている脂肪酸です。
2重結合が1箇所のものが、1価不飽和脂肪酸、
2重結合が2箇所以上のものが、多価不飽和脂肪酸と呼ばれます。

さらに、全部でn個ある炭素原子のn末端から3番目の原子が、最初の2重結合となるため、
n-3系列に分類されます。

αリノレン酸は、体内で合成することが出来ないので、食品から
摂取しなければならない、必須脂肪酸です。

αリノレン酸の効果

代謝によってDHAやEPAへ

さて、化学の難しい話は終わりにして、今度はαリノレン酸が体内に入ると、
どんな働きをしてくれるか、紹介したいと思います。

αリノレン酸が体内に入ると、代謝によってEPAやDHAへと変換されます。
EPAやDHAは、青魚に含まれていて、健康に役立つことで有名ですね。

αリノレン酸は、これら2つの物質に変換されることで、

  • 血中の悪玉コレステロール(LDL)を減らす
  • 善玉コレステロール(HDL)を増やす
  • 脳細胞の活性化
  • 高血圧の予防

などの効果が期待できます。

プロスタグランジンの生成に使われる

αリノレン酸は、ホルモンの1種であるプロスタグランジンの生成に使われます。

この、プロスタグランジンはリノール酸からでも生成されるのですが、
αリノレン酸から生成されたものと、リノール酸から生成されたものを比べると
αリノレン酸から生成されたものの方が、体に好ましいことがわかっています。

また、アトピーや気管支喘息などのアレルギー症状を予防するには、
リノール酸を摂取するよりもαリノレン酸を摂取したほうが良いとの事です。

がんの予防が期待される

ラットによる実験結果を見てみると、αリノレン酸が多く含まれている
しそ油を多く投与されていた群は、そうでない群よりも発ガン率が低かったとのことでした。

αリノレン酸を多く含む食材

αリノレン酸が多く含まれている食材は、以下のとおりです。


油脂類(10g)

  • なたね油      0.81g
  • 大豆油       0.66g
  • ファットスプレッド 0.2g
  • マーガリン     0.14g
  • 米ぬか油      0.13g

魚介類

  • 鮎     1尾あたり10.56g
  • わかめ   30gあたり3.48g
  • シジミ   30gあたり0.99g
  • ハマグリ  50gあたり0.85g

果実類

  • キウイ  1個当たり55.8g
  • 柿    1個当たり49.8g
  • イチゴ  4つあたり31.2g
  • レモン  20gあたり4.16g

1日にどれくらい摂取すればいいの?

αリノレン酸は、1日の摂取基準は定められていません。

過剰症も特にありません。
しかし、摂りすぎによってエネルギーを過剰に摂取してしまうと、
肥満の原因となってしまいます。
バランスよくほどほどに摂るようにしましょう。

また、n-6系列とn-3系列の脂肪酸は、4:1の割合で摂取するのが理想的だそうです。
n-6系列の脂肪酸については、追って解説します。

αリノレン酸を上手に摂るコツ

αリノレン酸を含む油は、熱に弱く酸化しやすい性質にあります。

その為、油は炒めたり揚げたりするのに使うよりも、
ドレッシング等に利用して生で食べることをおすすめします。

また、保存は高温や直射日光を避けて、早めに使うようにしましょう。

αリノレン酸を含むおすすめサプリ

株式会社リラクル おめがさん


こちらは楽天ランキングで1位を獲得した、おめがさんです。

物忘れや認知症予防、血流が気になる方に向けてのサプリメント。
αリノレン酸のほか、DPA・EPAやクリルオイル、イチョウ葉エキスホスファチジルセリン
といった、考える力をサポートする成分がふんだんに含まれています。

小林製薬 EPA DHA αリノレン酸

by カエレバ

 

こちらは、割とお手軽な小林製薬のサプリメント。

なんといっても、みんなが知っている大手の企業の商品なので、
それだけで安心感がありますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
DHAやEPAを摂るためには、魚を食べなければと思っても中々出来ませんよね。

αリノレン酸を摂ることで魚以外からもDHAやEPAを取り入れることが出来るので
是非積極的に摂るようにしましょう。


栄養素

Posted by tiki