ネバネバ・ドロドロ血液が引き起こすコワーイ病気

2018年3月21日

健康診断で「コレステロール値が高い」とか、「中性脂肪が多い」とか言われても、別にすぐに死ぬような大げさなものじゃないでしょ。って思ってしまいませんか?健康診断の数値が悪かったからと言って、どこか体がとても痛い・苦しいと言ったわけではなく、緊急事態には感じにくいので放置されがちです。

しかしドロドロとして、血管の中が流れにくくなった血液は大きな病気の原因となってしまいます。いきなり、命に係わる重い症状がでてしまう場合も少なくないので、普段からどんな病気のリスクがあるのかを気にかけていく必要があるんです!もしかしたら既に、あなたの体は血液がドロドロになっているサインを出しているかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク


ドロドロの血液によって、こんな体の不調が出てくる

血液の汚れが引き起こすコワーイ病気を紹介する前に、ドロドロの血液になることによって感じる体の不調を紹介します。血液は、全身に栄養や酸素を運ぶ働きをしているので、汚れてしまうと体の色々なところに不調を感じてしまいます。ここで紹介した症状があったら、血液が汚れているサインかもしれないので要注意です!

  • 肌のくすみ、シミ、肌荒れ
  • 顔色が青白い
  • 太ってしまい痩せにくい
  • 風邪をひきやすい
  • 手足の冷え
  • 頭痛もち
  • 肩が凝りやすい
  • 疲労感が抜けない
  • すぐにお腹を壊す、便秘がち

 

動脈硬化

血管が狭くなってしまう

血管の壁に汚れがたまって、血管の内側が狭くなってしまい、血液が流れにくくなってしまった状態が動脈硬化の典型的な症状です。狭くなったところに血の塊(血栓)が流れてくると詰まっしまうと、そこから先に血液が流れなくなってしまいます。

動脈硬化が進む前には、血液の状態が悪くなっています。血管を傷つける糖尿病、高血圧、血管の壁に溜まりやすい悪玉コレステロール(LDL)がないかどうかチェックしておく必要があります。

隠れた死亡原因ナンバーワン

日本の死亡原因の1位はガンですが、実は動脈硬化がもとになる病気である心筋梗塞や脳卒中をトータルすると、1位のがんよりも多くなります。そのため動脈硬化は隠れた死亡原因のナンバーワンと言われています。そしてガンよりも怖いのは、自覚症状のないまま進行して、いきなり心臓や脳などの血管が詰まることで急死してしまう場合があることです。

 

狭心症や心筋梗塞

狭心症とは

心臓の血管、冠動脈が狭くなって心筋へ酸素や栄養が一時的に流れにくくなる状態を狭心症と言います。心筋への血流が悪くなると、締め付けるような痛みを感じます。数分で治まることが多いのですが、狭心症を何度も繰り返すことで心筋梗塞へ移行することもあります。

心筋梗塞とは

血流が完全に途絶えて心臓の細胞が壊死してしまうのが心筋梗塞です。心筋梗塞は激しい胸の痛みで始まり、その痛み20分以上続きます。死に至ることもあるので一刻も早い治療が必要になります。ちなみに動脈硬化による心臓病に、耳たぶのシワが関係しているんだとか。耳たぶの部分に、横にスッとシワが走っていたら要注意。シワのある半数の人が心電図異常や善玉コレステロールの低下が見られたとの報告があります。

 

脳血管の疾患

脳の血管が詰まる病気

脳の血管が詰まる病気には、脳の病気が動脈硬化を起こして狭くなり、塞がってしまう脳梗塞と、脳以外の血管の壁にできた血栓がはがれて脳に流れ込み、動脈を詰まらせてしまう脳塞栓があります。特に脳の太い動脈にできるアテローム血栓性梗塞は命にかかわることもあります。

脳の血管が破れる病気

脳の血管が破れる病気には、脳の細い動脈の弾力がなくなり血管の壁が脆くなることで破れて出血してしまう脳出血と、脳を包む軟膜とくも膜の間にある動脈にできたコブが破れて起きるくも膜下出血があります。脳出血の多くは高血圧が原因で、くも膜下出血は生まれつき脳動脈が枝分かれする部分に動脈瘤がある例が大半です。

 

動脈瘤

動脈硬化が原因の一つ

こちらも動脈硬化や高血圧が原因で引きおこる病気です。血管の壁の平滑筋や弾性繊維に何らかの障害が起きて、血管がこぶ状に膨らんでしまいます。動脈瘤が破裂すると、これまた死に至ることも。

生まれつきリスクがある人も

片方の手で、もう片方の手首をつかんで、親指が人差し指の第一関節を超える長さの人は、生まれつき体の結合組織が弱いことが考えられるので、注意が必要です。

 

糖尿病

エネルギーの元も、多すぎると害に

私たちの体に、ブドウ糖はエネルギーの元として不可欠なものです。そのためには膵臓から出るホルモンのインスリンが必要なのですが、このインスリンの働きが悪くなって、エネルギーとして利用できなかったブドウ糖は血液中を漂ってしまいます。これが糖尿病の状態です。

糖尿病がさらなる病気を引き起こす

過剰なブドウ糖は血管の壁にくっついて、たんぱく質と化学反応を起こします。この時発生する活性酸素が血管の壁を傷つけ、動脈硬化の原因となります。また、カビや細菌の栄養素となってしまうことで、繁殖しやすくなったりします。これを排除しようと白血球が集まり、プラークを作ったり参加をさらに進める危険があります。すぐに命にはかかわらなくても、重大な合併症を引き起こすこともあります。

 

スポンサーリンク


 

痛風

痛風は高尿酸血症がもとになって引き起こされる

体の細胞を新しいものと入れ替えるときに、古くなった細胞は壊されます。その時に発生するプリン体が分解され、尿酸になります。尿酸は尿や便と一緒に排出されるので、健康な状態では血液中の濃度は一定に保たれていますが、腎臓の機能が落ちると尿酸を排出しきれずに結晶として関節に溜まってしまいます。この時白血球(マクロファージ)が、決勝を異物として処理しようと働きますが、処理しきれずに破裂してしまうと、マクロファージが持つ炎症作用の物質が関節内に放出されて痛みが起こります。風が吹くだけでもこの痛いと言われるのが痛風の由来です。

 

肝機能の低下

コレステロールや中性脂肪は多くは肝臓で作られる

コレステロールや中性脂肪って聞くと、なんだか制限しなければいけない気がしますよね?でも、実はこの二つは肝臓でも作られているんです。その材料はブドウ糖やアミノ酸。過剰にブドウ糖やアミノ酸を摂ると、その分肝臓はせっせとコレステロールや中性脂肪を作り出します。

脂肪肝になってしまうと悪循環に

血液中の脂質が増えて、肝臓で処理しなければいけない仕事が増えると、肝臓自身に負担がかかります。だんだん肝臓に脂肪が溜まっていって脂肪肝となってしまうと、肝臓の機能は低下してしまいます。そうすると血液の処理ができなくなって、また血液が汚れていく…そんな悪循環になってしまうこともあるんです。

 

腎機能の低下

腎臓は体をろ過してくれる

腎臓は血液の汚れを取る、ろ過装置と言われています。血液が汚れてしまうと、その分腎臓で処理しなければいけない老廃物も増えてしまったり、ろ過装置を詰まらせてしまったりする恐れがあります。また、高血圧が続いて腎臓の動脈に動脈硬化ができると、ろ過されるはずだった汚れが血液中に残ってしまって血液の循環が悪くなる原因となります。そうすると循環を良くするためにさらに血圧を上げようとしてしまう悪循環に陥ってしまいます。

腎不全になると透析を受けなければいけない体に

こうした状態が続いて、腎臓が老廃物を処理できない腎不全となったままでいると、全身に毒素がたまって尿毒症といった病気を引き起こしてしまいます。腎不全に陥ってしまったら、人工的に血液中の汚れをろ過する人工透析と一生付き合っていかなければいけなくなってしまいます。

 

ロングフライト血栓症

いわゆるエコノミークラス症候群

ロングフライト血栓症は一昔前まではエコノミークラス症候群と呼ばれていました。長時間同じ姿勢で座っていると、足の静脈に血が流れにくくなり、小さな血栓ができます。その血栓が流れて肺まで到達すると息苦しさや胸の痛みを感じるようになります。

原因は長時間足を動かさないことと、ドロドロの血液

足を動かさないでいるとその分血流が悪くなります。また、体内の水分が失われると血液もドロドロになり、粘り気が増してその分固まりやすくなってしまいます。こうした原因を防ぐためには、乗り物内ではたまに足を動かすことと、こまめな水分補給が必要になってきます。

 

脱毛、薄毛

髪が育つには血行が良い状態が不可欠

命にかかわる病気ではないですが、ある意味ではコワーイものだなと感じたので、薄毛についても紹介していきます。髪の毛は頭皮の内側にある毛根から生まれます。毛根の更に根元には、毛母細胞という細胞があります。若々しい髪が育つためには、毛母細胞が活発に細胞分裂する必要があるんです。

元気な細胞には酸素と栄養素が必要

毛母細胞が元気になるには、十分な酸素と栄養素が必要になります。血液がドロドロの汚い状態では、血の流れは悪くなる上に、余分なものが含まれているせいで毛母細胞へ栄養が届きにくくなってしまいます。元気な髪を手に入れるには、ドロドロ血液を改善する食生活と、血行を促進する頭皮マッサージが効果的です。

 

ドロドロの血液が起こす病気まとめ

いかがでしたでしょうか。普段は全くと言って意識することはない自分の血液。実は私たちの体の不調として、血液が汚れてしまっているサインが出ているかもしれません。もしそのサインを無視し続けてしまうと、急に病に襲われてしまうかもしれないので、普段からしっかりサインを見逃さないようにしてくださいね!

 

スポンサーリンク


症状別

Posted by tiki