欧米で大流行!グラスフェッドバターコーヒーで簡単ダイエット!

2018年3月28日

朝起きることが苦手な人にとって、朝食を食べる習慣をつけるのは、なかなか大変なことですよね。でも、朝食を食べない習慣は、血糖値が上がりやすくなったり、脂肪をため込みやすくなったり、健康やダイエット天敵です!そんな時に試してもらいたいのが、今欧米で流行中のバターコーヒーを朝食として飲むことです!

グラスフェッドバターって何?

グラスフェッドバターとは

グラスフェッドバターとは、穀物ではなく牧草で飼育された牛乳から作ったバターの事です。通常のバターに比べると不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸)が多く含まれています。通常のバターには飽和脂肪酸が多く、不飽和脂肪酸はほとんど含まれていません。そのために グラスフェッドバターはダイエット効果があるとされています。

オメガ3脂肪酸の働き

オメガ3脂肪酸の働きとしては、血液をサラサラにして体の隅々まで血を巡らせることで代謝が上がることや中性脂肪やコレステロールを抑えることで、ダイエット効果があります。その他の働きとしては、

  • 認知症予防
  • 高血圧、動脈硬化、脳卒中の予防
  • うつ病予防
  • アンチエイジング

があります。特に女性には髪や爪、肌を強くするアンチエイジング効果はうれしいですね。

グラスフェッドバター+コーヒーでさらにダイエット効果!

コーヒーのダイエット効果

コーヒーにもダイエット効果が期待できる成分が含まれています。その成分とは

  • カフェイン
  • クロロゲン酸

です。カフェインは眠気覚まし効果で有名ですが、実は脂肪を分解する酵素を活発にする働きがあります。クロロゲン酸はポリフェノールの一種ですが、こちらも脂肪の分解を促進する働きがあります。そのためコーヒーを飲むことで体の余分な脂肪を落としてくれる作用が期待できます!

グラスフェッドバターとコーヒーの相乗効果

先ほどコーヒーにはカフェインによるダイエット効果があることを紹介しましたが、カフェインの効果は脂肪の分解を助けてくれるだけではありません。カフェインのもう一つの働きとして、血行促進効果があります。コーヒーにグラスフェッドバターを混ぜることで、相乗効果で血液の流れをよくすることができます。更に、ただコーヒーを飲むよりもバターを混ぜた分腹持ちが良くなるので、間食を防ぐ効果も期待できます!

グラスフェッドバターコーヒーの作り方

グラスフェッドバターを使ってバターコーヒーを作るのはとても簡単で、

  1. 温かいコーヒー150~200mlを淹れる
  2. おおさじ1杯のバターをコーヒーに浮かべる

以上です。たったこれだけで美容やダイエットに効果のあるホットドリンクとなるので、朝が忙しい人や朝食を食べる習慣がない人でも続けやすいですね!

 

グラスフェッドバターコーヒーを飲んだ人の感想

 @c_desu_syo 
バターコーヒーウマイ!コンビニで買えるなんてナァ!グラスフェッドバター売ってないから輸入しようかと思ってたワ。
@BlancNao 2月9日
事務所へ向かう前に、代々木駅にある最強のバターコーヒーに寄ってきました。 グラスフェッドバターがたっぷり入っていて濃厚です 次回行く時はバター2倍に挑戦します

グラスフェッドバターコーヒーまとめ

いかがでしたでしょうか。グラスフェッドバターは普通バターよりも優れた面が多い為多少高価にはなってしまいますが、それを覆いつくほどの優れた面がたくさんあります。毎日たった1杯のコーヒーを飲むだけで、ダイエット効果を得ながら活動的で健康的な毎日を送ることができるかもしれません。ぜひ試してみてください。